治療

治療(treatment)

国内・国外にて様々な治療院・クリニック・病院と連携していることから、各国で活躍している現地の治療家やトレーナーと連携して海外での治療・トレーナーをメインに対応しております。
また、出張治療・専属帯同等も受けております。
※主に海外出張治療は現在スペインで活動している治療家・トレーナーの祐森啄矢(Takuya Yumori)にて行なっておりますが、スケジュール・場所次第で、他の様々な国で活動している治療家・トレーナーを送らさせて頂きます。

人材詳細

祐森啄矢(Takuya Yumori)

滋賀県出身、明治国際医療大学鍼灸学卒業後、アメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルス付近のAlhambra Medical Universityの大学院のプログラムに入学し2年半在席。
2017年秋にスペインでの仕事が決まり、スペインに移住。

アメリカには3年在籍し、スペイン移住するまでの約2年間はサッカーUPSLのプロサッカーチーム・ユースチームのチームトレーナー(最後の1年はチームヘッドトレーナー)として活動。
またアメリカのサッカーチームで海外に遠征するトラベルチームのチームヘッドトレーナーとしてメキシコに7回、スペインに3回帯同。
アメリカ在籍中は、検体実習のアシスタント、LAGalaxyの研修・ユース選手のパーソナルトレーナー、大学サッカー部のパーソナルトレーナー、マスターリーグフランス代表のハードル選手のパーソナルトレーナー、海外研修の通訳などとして活動。
2017年にスペインのスポーツクリニックに就職し、2019年1月からマドリッド近郊のサッカーラ・リーガのチーム、C.D. Leganesにてトレーナー・鍼灸師として活動中。

その他の経歴

2018年元イタリア代表のデルピエロ氏が来日の際にトレーナー帯同、兼コーディネート。

2017年スペイン・マドリードのプロサッカー協会所属の元選手兼、アトレティコマドリードやスペイン代表のU-16ユースチームの指導経験のあるパコ・サエス指導者とロサンゼルスにて大会トレーナー・怪我予防の指導・セミナーとしてコラボ。

2017年スペインからルイス・フィーゴ元選手とイランに帯同・メディカルケア。

2017年アトレティコマドリード、ビセンテカルデロンスタジアムでのレジェンド選手達によるラストマッチの帯同。
2016年クラブW杯の際に、レアルマドリードのスポンサーとロベルト・カルロス元選手の帯同。